台風16号一過の金曜日〜日曜日まで連続3日間久しぶりの快晴に恵まれました。
本来なら遠征したかったところですが、土日所要があり仕方なく自宅で3夜連続撮影しました。さすがに疲れがピークです。 

色々撮影しましたが、水物の彗星から処理をはじめました。
先日公開したアトラス彗星(C2019L3)に引き続いて10等星台の小さい彗星です。
67P 2021.10.3 のコピー
チュリモフ・ゲラシメンコ彗星(67P)
2021年10月3日 0時36分〜 自宅観測所
望遠鏡:ASA10N(950mm F3.8)+AAF3フォーカサー
コレクターレンズ:3インチWynne Corrector (900mm F3.6)
赤道儀:ビクセンAXD
ガイド:ほしぞら工房社製オフアキリング+SX-SuperStar+PHD2による恒星オフアキシスガイド
露光:RGB各2分×10枚 (Total60分)
処理:CCDStack2によるキャリブレーション、輝点除去、Si9による星基準、彗星基準アライメント、コンポジット。RGB合成。PsCCによる星基準と彗星基準の画像をマスク合成。


この日の明るさは10.7等星。小さいながらしっかりとした尾のある彗星らしい姿でした。

今回どういう訳かPixInsightでこの画像が全てエラーとなって読めず、仕方なく久しぶりにCCDStack2でキャリブレーション、Si9でコンポジット等を行いました。
約1年半ぶりの処理だったので忘れかけていましたがなんとか思い出しながら(笑)
どうしてPixInsightで読めなかったのか分かりません.....。違う対象の写真は読めるのに....不思議です。