先日ED70SSによるアンドロメダ銀河を公開しましたが、ASA10Nで同時に撮影していた本命のアンドロメダ銀河の処理がようやく完成しました。
M31 のコピー
アンドロメダ銀河(M31) 
撮影日時:2021年10月9日20時02分〜 他10日、15日
撮影場所:岐阜県土岐市 自宅観測所
望遠鏡:ASA10N (25cm 950mm F3.8)
コレクターレンズ:ASA 3" Wynne Corrector (900mm F3.6) 
カメラ:FLI ML16000 -25℃
フィルター:Astrodon Gen-2 Tru-Blance I-Series LRGB Filters
      Astrodon 5nm Ha Filter
赤道儀:Vixen AXD
ガイド:ほしぞら工房オフアキシスリング+SX-SuperStar+PHD2にてオフアキシスガイド
露光:L:10分×26枚、R:5分×16枚、G:5分×13枚、B:5分×20枚、Ha:15分×14枚
   
総露光時間:715分(11時間55分) 

処理:
 PixInsightにて各画像をWBPP、ABE、PCC後カラーチャンネルはRGB合成、Lは白黒RGBを加算合成した画像を加えてL+を作成。AS、HT後、StarNetでLRGB画像を星と星雲に分け、再度星雲のみLRGB分解。星のない星雲L画像のみDeconvolusionを掛ける。
 星雲のみのRチャンネルにHαチャンネル(StarNetで星を消したHα領域)のみ比較明合成してRHαとして再度R(RHa)GB合成し、Psにて星雲のみL+RHaGB合成、星のみのL+RGB画像とLab画像に変換後L+RHaGB合成。コントラスト強調、色調補正、かぶり補正、ノイズ処理等。DenoiseAIでバックのみ50%ブレンドでノイズ処理。

自宅の撮影では一番の写りになりました。11時間超えが良かったかな。でもそろそろ遠征で撮ってみたいです(^_^;