皆既に近い部分月食が終わりその夜の明け前の空にてレナード彗星がNGC4395と接近しました。
満月下ではありましたが、月と反対方向なので撮影を敢行。なんとか姿を収めることが出来ました。
C2021A1_NGC4395tif のコピー
 レナード彗星(C/2021A1)とNGC4395
2021年11月20日 4時16分〜 自宅観測所 
ASA10N+ASA 3” Wynne Corrector (900mm F3.6)+ASA AAF3 AUTO FOCUSER.
FLI ML16000 -35℃
Astrodon Gen-2 Tru-Blance I-Series RGB Filters
AXD赤道儀、SX-Superstar+PHD2にて恒星オフアキシスガイド
RGB各180秒×9枚 TOTAL81分

流石に満月の明るい空だったのでかぶり取りだけで相当時間を要しました。とても鑑賞写真には
なりませんが、記念になりました。
次回は25日のクジラ銀河との接近です。晴れますように....。