少し明るい彗星が3-4個来ていることもあって、以前撮影した対象の処理が追いついていませんでした。
月が大きくなったこと、昨日のレナード彗星とNGC4395の接近が終わったことから、溜まっていた写真の処理をようやく行いました。
先ずは胎児星雲です。
胎児星雲IC1848 ASA10N_ML16000_RGB-AOO のコピー
胎児星雲 自宅観測所
2021年11月4日19時46分〜 他11/5、11/6
ASA10N+3” Wynne Corrector(900mm F3.6) +ASA AAF3 Focuser.
FLI ML16000 -30℃
Astrodon Gen-2 Tru-Blance I-Series RGB Filters and 5nm Ha, O3 Filters.
AXD赤道儀、SX-Superstar+PHD2にてオフアキシスガイド
R10分×8枚、G10分×5枚、B10分×12枚、Hα10分×9枚、OⅢ10分×9枚
合計露光時間:430分(7時間10分)
PIにてWBPP、PCC、DBE、AS、HT、NBRGBCombination等
Psにて被り補正、コントラスト調整、ノイズ除去。

RGBバージョンはこちら
TAIJI ASA10N RGB のコピー

胎児星雲RGB-AOO25%
RGB-AOO(25%加算)
このくらいの方が自然かな。

おまけ
親子亀にてED70SSでも同時撮影しました。今修理中のCooed6Dで撮影しています。
胎児星雲IC1848ED70SS完成
胎児星雲付近 自宅観測所
2021年11月4日20時37分〜 他、11/5、11/6
ED70SS+笠井ED屈折・RCマルチフラットナーⅡ(400mm F5.7)
Seo-Cooled6D(SEO-SP4C) -10℃
IDAS HEUIB-Ⅱフィルター、OPTLONG L-eXtremeフィルター
AXD赤道儀、ASA10Nにてオフアキシスガイド
HEUIB-Ⅱ:ISO1600、5分×39枚、L-eXtreme:ISO3200、5分×37枚
合計露光時間:380分(6時間20分)

笠井のED屈折・RCマルチフラットナーⅡが2インチ差し込み式なのでCooled6Dの重さに耐えられず、ガイドが流れてしまっていました。ゴムバンドを2つ、カメラとASA10N鏡筒との間にヒップサポートによってようやく5分ならなんとか流れずに済むようになりました。厳密には少し星が楕円になりますが....(^_^;

写野を右側に振ってハート星雲と一緒に撮れるとよいですね。構図が変えられるように微動装置の上に載せたらさらに撓むかな。