彗星の撮影三昧で、画像処理が追いつきません(>_<)
今回は、12月2日〜4日にASA10Nの上に親子亀同架し撮影したED70SSによる3彗星です。
まずは29Pから
29P 12月2日 のコピー
29P(シュバスマン・バハマン彗星)
2021年12月2日23時09分~ 自宅観測所
ビクセンED70SS+笠井のED屈折・RCマルチフラットナーⅡ+EOS6D(SEO-SP5)
AXD赤道儀にてノータッチガイド
ISO1600、5分×8枚
総露光時間 40分
PIにてWBPP、StarAlignment、DBE、AS、HT等
Psにて被り除去、ノイズ除去など。
随分暗くなりましたが、まだクラゲのような形ははっきりしています。

次は67Pです。
67P のコピー
67P(リュリモフ・ゲラシメンコ彗星)
2021年12月3日0時09分~自宅観測所
ビクセンED70SS+笠井のED屈折・RCマルチフラットナーⅡ+EOS6D(SEO-SP5)
ビクセンAXD赤道儀にてノータッチガイド
ISO1600、5分×19枚
総露光時間 95分
PIにてWBPP、CometAlignment、StarAlignment、DBE、AS、HT等
Psにて彗星基準コンポジットと星基準コンポジット画像をマスク合成。被り除去、ノイズ除去など。

いまだダストトレイルは健在です。彗星の進行方向にも淡く見ることが出来ます。

最後はレナード彗星とM3の接近です。
C2021A1とM3 ED70SS_EOS6D_SEO-SP5 のコピー
C/2021 A1Z(レナード彗星)とM3(球状星団)との接近
2021年12月4日04時57分〜 自宅観測所
ビクセンED70SS+笠井のED屈折・RCマルチフラットナーⅡ+EOS6D(SEO-SP5)
ビクセンAXD赤道儀にてノータッチガイド
ISO1600、5分×6枚
総露光時間 30分
PIにてWBPP、CometAlignment、StarAlignment、DBE、AS、HT等
Psにて彗星基準コンポジットと星基準コンポジット画像をマスク合成。被り除去、ノイズ除去など。

天気予報は曇りだったので半ば諦めて寝ていたのですが、不思議と4時30分頃目が覚めて外を見ると晴れているではありませんか!
慌てて準備してかろうじてM3との接近を捉えることが出来ました。
前日の3日が最もM3に近づいたのですが、この4日の方が尾の位置関係からシャッターチャンスだと思っていました起きる事ができてラッキーでした。

今ASAの処理(WBPP)中です。明日は最後のレナード彗星の撮影のため遠征するので処理する時間がありません。(いつになったら明日の分処理できるんだろう....また5日の遠征分もあるのに(^_^;)