先日ヤフオクの望遠鏡部品で良いのないかなと流していたら、見慣れない光軸調整ツールが出品されていました。『OCAL Electronic Collimator Pro』というPC画面で光軸調整出来るツールみたいです。
HPはこちら

スクリーンショット 2022-02-07 14.38.54
専用ソフトウエアで光軸を合わせることができるため、使いやすそうだなと入札しましたが、結局新品で買える価格以上(結局落札価格は3万円に)になってしまったので26000円までで諦めアリババで新品購入しました。(送料込みで28,000円)

1/18位に注文して2/2に到着しました。


IMG_6011
IMG_6012
IMG_6013
左からスマホ(アンドロイドのみ対応)接続用コネクタ、48mm接続用メスリング、31.7mmアメリカンアイピース規格スリーブ、OCAL Electronic Collimator本体です。(iOSにはまだ対応していないようです)

本日2/7、ソフトをインストールしてR200SSで光軸調整の練習をしてみました。

先ずは、購入したOCAL Electronic Collimatorに刻印してあるSN番号をチェックします。
IMG_6015
この個体のSNは『1d993』でした。

ダウンロードしたソフトウエアフォルダ内にエクセルファイルがあり、このSN番号に一致した番号を探します。
スクリーンショット 2022-02-06 14.40.41
これをコピーして、アプリケーションフォルダ内のfocus.txtファイルを開き、ペーストします。
スクリーンショット 2022-02-07 14.54.55
これで前準備は終了です。

R200SSを自宅に持ち込んで接続しようとしましたが、この望遠鏡斜鏡のセンターマークが付いていませんでした。まずはセンターマーク付けから。
この望遠鏡は斜鏡がオフセットされていますが、その値が分かりません。いろいろwebで調べてみましたが、5.4mmだったり4mmだったり。うーん、どっちやねん(笑)
悩んでも仕方ないので、直接ビクセンに聞いてみました。
結果はオフセット3.8mmだそうです。早速マークを付けました。
2/9ビクセンに再度確認したところやはり3.8×√2=5.37mmだそうです。
もう一度センターマークを付け直さないといけません(>_<)

IMG_6061
マークを付ける前の斜鏡。 長径95mm、短径70mmです。

IMG_6060
適当に紙でなぞって短径長径を測って中心から斜鏡から爪と反対側へ3.8mm位の場所に油性マーカーで印を付けました。適当すぎるかな....(笑)
IMG_6062

IMG_6065
斜鏡元にもどして筒先から覗いた所。


本体をUSBでPCに接続します。自動でドライバーがインストールされます。
IMG_6067

OCAL1.32EN.exeをダブルクリックして起動します。
スクリーンショット 2022-02-07 14.56.20

IMG_6066
IMG_6068
アプリが立ち上がり、画面右にバーが出てきます。
カメラの電源を入れるとカメラに写った望遠鏡内部がみえます。
明るさやフォーカスを調整して先ずは、サークル1をオンにして(緑の円)接眼部外周に大きさと位置合わせをします。(これにより接眼部固有のセンターが出せます)

次にサークル2をオンにして斜鏡の光軸調整ネジを使って赤色の円を主鏡外周に合わせます。
IMG_6069
そして緑の円の大きさを変えて斜鏡の外周に合わせます。
バーの一番下にある『Star Settings』を押すと上の写真のような十字線が出ます。

斜鏡のセンターマークにピントを合わせてセンターマークと十字線を斜鏡調整ネジで合わせます。
次に赤い円に主鏡が一致するように斜鏡調整ネジで合わせます。
最後に主鏡調整ネジで主鏡の角度を調整します。
IMG_6070
まだちょっとズレていますが、結構見やすいですし、画面見ながら調整出来るのは良いですね。
最後にいつも使っているタカハシ製のコリメーションアイピースを使って確かめてみました。
IMG_6056

IMG_6075 2

実際の星でチェックしてみないと分かりませんが良さそうな感じです。

今回新しい光軸調整治具を購入しました。初めて使って良さそうな点を挙げてみます。
1)画面を見ながら調整出来る
2)フォーカス調整機構が備わっているので、見たい所にピントが合わせられる
3)サークルを接眼部内周に合わせることで正確なセンターがだせる。
4)接眼部を覗かないので視差による誤差がない

もう少ししっかり使い込んで他の望遠鏡にも使ってみようと思います。
使用方法のビデオはこちら


説明書はこちら


2/13更新
センターマークを5.4mmに付け直して再度光軸合わせ直しました。
IMG_6104
IMG_6105
IMG_6106

2/20 ASAも光軸調整してみました。
IMG_6134
なかなか斜鏡と主鏡が円に合わず苦労しました。
 
強風の中テスト撮影してみました。asa10n exph lum3HT
ASA10N+EXtenderPH+ML16000 60秒
AXD赤道儀にてノータッチガイド


ASA10N_ExPHテスト撮影20220220

星が少し楕円です。星の重心がやや左よりな感じです。

スクリーンショット 2022-02-20 20.21.27
少しズレています。
この後曇ってしまったのでEXtenderPHのバックフォーカス調整まで出来ませんでした。
R200SSの時は、1.5mm厚のシムリングをExtenderPHの後端に咬ましたら周辺像が改善しました。
ASAの場合はどうでしょうか....また明日以降星で調整してみます。