M87を撮影した後、夏の星雲を撮影するまでにまだ時間があったので、ちょうど東のそらにいたパンスターズ彗星を撮影しました。でも結局撮影途中L2枚、R2枚、GB各1枚撮影したところで曇られてしまいました。お蔵入りにするつもりでしたが、この少ない枚数でどこまでいけるかのテストを兼ねて処理してみました。
パンスターズ彗星K220220524LRGB のコピー のコピー
パンスターズ彗星C/2017 K2
2022年5月24日 23時21分〜 自宅観測所
笠井トレーディングGS300RC+TSRCFlat3(2432mmF8)
FLI ML16000 -25℃
Astrodon Gen-2 Tru-Blance I-Series LRGB Filters
AXD赤道儀
SX-Superstar+PHD2にてオフアキシスガイド(恒星追尾)
L2分×2枚(1bin)、R2分×2枚(2bin)、G2分×1枚(2bin)、B2分×1枚(1bin)
総露光時間;12分

PixInsightにてLRGBをそれぞれ3枚以上になるようコピー。(3枚以上にしないとWBPPが動かず)
WBPP後、RGB合成、ABE、AS、HT、CC。 LはABE、HT。
PsCCにてLRGB合成後、コントラスト強調、色調補正、NoiseXTerminatorにてノイズ除去。

12分の割にはまあまあでした。
来年7等台になるそうですが最盛期は日本では見られないとのこと。
今年10月くらいまでは観測できそうですが、増光が鈍いみたいで心配です。