相変わらず晴れませんね。
この先の予報を確認すると、2週間ほどずーっと天気悪そうです。もう秋の長雨シーズンに入ったようですね(>_<)

そんな中晴れ間があれば撮影しているのですが、この日の朝(8/18木曜日)は凄い雷と豪雨でした。昼過ぎには晴れてきて、8月とは思えないほどの透明度の高い濃い青空。太平洋高気圧が南に下がり、前線も日本の南まで下がったため、抜けの良い秋のような空となりました。絶好の撮影日和です。
月が22時過ぎには昇ってくるのであまり撮影時間が取れません。何を撮ろうか悩みましたが、明るい対象で高度も取れる網状星雲の左上側にしました。網目状の構造がなぜか好きなんです。
網状星雲左上GS300RC_ML29050完成4800
網状星雲左上

撮影日:2022年8月18日21時18分〜 自宅観測所
望遠鏡:笠井トレーディングGS300RC(2440mm F8)
フラットナー:Teleskop-Service TSRCFlat3(2440mm F8)
カメラ:FLI ML29050 -20℃
フィルター:Astrodon Gen-2 Tru-Blance I-Series LRGB Filters
赤道儀:ビクセンAXD赤道儀
ガイド:SX-Superstar+PHD2にてオフアキシスガイド
露光:L10分×6枚(1bin)、R5分×4枚、G5分×5枚、B5分×5枚(RGBは2bin)TOTAL:130分 
処理:PixInsightにてWBPP、RGB合成後、ABE、DBE、AS、HT等
   PsCCにてLRGB合成。色調補正、コントラスト調整、ノイズ処理など。

友人からML29050を譲って頂きました。初撮影となります。
ML16000と比べて解像度の高さを感じますが、スペック通り感度は及びませんね。この鏡筒はF8と暗いのでML16000の方がマッチしている感じです。

この後追加撮影しようと思ったのですが、次の日19日は曇られ、今日20日は大雨(>_<)。
諦めて処理しました。