星仲間より無料のかぶり取りソフト『GraXpert』が結構使えると聞き、早速検証してみました。
 
Windows版の他、MacOS、Linux版もあります。Mac版があるのはありがたいです。
早速Mac版をインストールしてみました。

スクリーンショット 2022-09-09 21.40.03

起動したところ。
画面左側にボタンがありますが、上から順番にボタンを押していくだけです。

1)Crop on/off (CROP)
2)LOAD IMAGE (画像を開く)
3)Stretch Options(画像強調)4段階調整できます。出力結果には反映されません。
4)Create Grid (自動サンプルグリッド打点) その上のバーは、一列に何個グリッドを打つのか、下の
     バーはどのくらいの許容量でグリッドを打つのかを調整します。
5) Interpolation method (補完方法) 3種類あり。今回は一番下のKringingが良かったです。
6)Create Background(処理実行)
7)   Saving 保存 

処理結果は上の中央にあるタブで、Original、Processed、BackGroundに切り替えることが出来ます。

スクリーンショット 2022-09-09 21.58.13

随分前のラブジョイ彗星の写真です。フラット処理していないのか、かなり周辺減光が目立ちます。
Stretch Optionsで少々強調を掛けています。
スクリーンショット 2022-09-10 7.17.08
最周辺部を少しクロップしました。

スクリーンショット 2022-09-09 21.58.29
グリッドは目一杯の25、トレランスは最初10で行いましたが、中央部の明るい部分を選択してくれなかったので4.0まで上げて、彗星の尾等がグリッドに掛からないよう移動しました。
GraXpertスライド.019
Interpolation methodを変えて処理した結果です。Krigingは他より倍位時間が掛かりました(約2分)が、最も良かったです。
スクリーンショット 2022-09-09 21.58.47
処理後のBackGroundです。よさげですね。

スクリーンショット 2022-09-09 21.58.58
Processedの画像です。かなり高精度に補正されています。


ラブジョイ200㎜F3 のコピー
補正前

ラブジョイ200㎜F3.2RGB_GraXpert2 のコピー

補正後


これはかなり使えますね。これで無償なのはありがたいです。
参考までにPixInsightのDBEによるカブリ補正と比較してみました。

スクリーンショット 2022-09-09 22.45.44

PixInsightのDBE画面。

_200_F3_2__DBE1 のコピー

PixInsightのDBE処理後。

GraXpert出処理した画像と比較してみました。
GraXpertスライド.018
PixInsightと遜色ありません。いいですね。


9/10追加
他の画像でも検証してみました。
123の2 4000
ε-130D+冷却6DMark2で撮影したクラゲ星雲付近です。
スクリーンショット 2022-09-09 11.48.02
強調掛けると輝度ムラ、色ムラが多いことが分かります。

Interpolation Methodを変えて処理してみました。
GraXpertスライド.018
このクラゲ星雲付近の画像は、上記の彗星で結果の良かったKrigingだとムラが多く出てしまいました。他の2つの方がまだ良かったです。Interpolation Methodを変えて試行錯誤するしかないのかもしれません。

ちなみにこの画像も各種補正方法と比較してみました。
GraXpertスライド.019
左上が原画です。右上がGraXpertのRBF。左下はPixInsightのDBE。そして右下はPsCCによるグラデーションマスク法による用手的なカブリ補正です。

GraXpertは補正が強すぎてクラゲ星雲付近が逆に落ち込んでしまい、逆にM35付近や左下端が明るくなってしまいました。補正の強さが変えられると良いのですが。

PixInsightのDBEの方が良い結果ですが、それでも完璧ではありません。
結局一番良かったのは、従来のPsCCのグラデーションマスク法だったのですが、補正に自分の意思が入るため、消してはいけないものまで消している可能性があります。
結局どれも一長一短ですが、簡単にオートで補正が出来、PixInsightのDBEに匹敵する無償ソフトのGraXpertは良いソフトだと思います。今後バージョンアップによってより使い勝手が良くなる(補正の強さが可変出来る等)といいですね。楽しみです。