題名が長過ぎですね。分ければよかったかな。
でもどちらもたいした話ではないので....(笑)

一昨日、薄曇りのようなイマイチ透明度が悪い空でしたが、N.I.N.A.の星図ソフトはCartes en Cielを使っていましたが、使い慣れたステラナビゲータ11で出来るよと星仲間のTMさんから教えて頂いたので、早速試して見ました。
 
 1)ステラナビゲータ11と赤道儀はASCOM接続。
    2)N.I.N.Aと赤道儀もASCOM接続。
 3)ステラナビゲータ11で デネブを導入。
 4)N.I.N.A.で撮影。デネブは写らず。
 5)N.I.N.A.でそのままプレートソルビング実施.....最初は時間が掛かる。
 6)成功したらステラナビゲータ11に戻ると、自動導入したデネブの位置とはズレた位置に×マークがあ
    るので導入ボタンを押す。 ズレた位置にターゲットが移動。望遠鏡の方向と星図が一致。再度希望
    の対象を選択し自動導入。
 7)N.I.N.A.で撮影すると、デネブがど真ん中に来る。
IMG_7852
IMG_7851

 バッチリでした。今までAXD赤道儀を2-3個の星でアライメントしてから構図を決めていたのですが、それでも結構ピッタリにはならず、結構苦労していました。これならアライメントも必要ないので簡単に合わせることができます。 

続いて試しに導入したのがNGC1530という棒渦巻銀河でした。撮影したことがなかったので、オートフォーカスして撮影。
IMG_7855

そして撮影に入りました。

 NGC1530tif のコピー
NGC1530
2022年11月21日20時39分〜自宅観測所
GS300RC+TSRCFlat3+ASI2600MCPro -20℃ Gain100、Offset25
AXD赤道儀
SX-Superstar+PHD2+N.I.N.A.にてオフアキシス、デザリングガイド
300秒×16枚 80分
PixInsightにてWBPP、ABE、PCC、MS、AS、HT等。
PsCCにてカブリ補正、色調補正、ノイズ処理等

その後晴れていたのでそのまま馬頭星雲を撮りました。
BATO_ABE_ABE_MSASHTPs6000
馬頭星雲
2022年11月21日23時17分〜自宅観測所
GS300RC+TSRCFlat3+ASI2600MCPro -20℃ Gain100、Offset25
AXD赤道儀
SX-Superstar+PHD2+N.I.N.A.にてオフアキシス、デザリングガイド
600秒×19枚 190分
PixInsightにてWBPP、ABE、PCC、MS、AS、HT等。
PsCCにてカブリ補正、色調補正、ノイズ処理等

ブルーのSNが非常に悪くなんともならない。空が悪かったのかな。寝ていたので分からず。
カラーCMOSだと色毎の露光調整出来ないからなあ。自宅でじっくり撮るならやはり白黒カメラかな。