今回は小物の話です。
タカハシが12月から一部商品を値上げするとアナウンスがありました。
値上げする中でタカハシ・センタリングスコープ(定価2万円税別)が10%アップの2万2千円になるとのこと。悩むなら買っとけの心の声に従ってポチりました。
1-2週間で到着。早速取り付けて光軸調整しました。
 IMG_7834IMG_7835
手前の筒の部分を伸ばしたり引っ込めたりしてピントを合わせるのですが、望遠鏡の傾きがキツいと自然にその部分が伸びて(落ちて)来てしまいます。こんなもん?
 IMG_7837
覗いてみると、少しズレていました。上の写真は合わせた後です。(IPHONEでセンタリングスコープの接眼部に当てて撮影しているので多少ズレた感じに写っています)

 拡大レンズが入っているので副鏡に映ったリングが大きく見え調整しやすいです。

次は、先日OPTOLONGの新しいデュアルナローバンドフィルターのL-Ultimateフィルターを購入しましたが、現状はフィルターボックスを持つSeo-Cooled6Dでしか使うことが出来ませんでした。
 
 ASI2600MCProでも使いたいところですが、残念ながら手持ちの部材を色々使っても接続出来ません。
一番良いのは、フィルターホイールのCFW1-5に搭載できれば良かったのですが、このフィルターホイールはマウントされていない50mm円形フィルターのみ対応していて、枠付きの48mmφフィルターは搭載できない仕様です。ZWOのフィルターホイールならどちらでも搭載できるのでそれを購入しても良いのですが、ただでさえ機材が多い上にさらに増えるともう収拾が利かなくなります(すでにそうなりつつあります(笑))

 そこで考えたのは、L-Ultimateフィルターの枠を外して50mm枠に合う様な外枠を作り、フィルターホイールに搭載することでした。でも、これだとSeo-Cooled6Dで撮影する場合はフィルターを元の枠に戻差なければなりません。高価なフィルターを着脱することは傷を付けたり落として割ったりする危険性が増えるのでちょっと怖いです。
 そこで、自分のシステム(オフアキも含めた各種望遠鏡のバックフォーカス)に合わせたフィルター搭載できる接続リングをほしぞら工房のしばたさんに作って頂くことにしました。

IMG_7863
K-ASTECさんから購入したML8300の光路長に合わせたFLI製のCFW1-5フィルターホイールに接続出来るテーパーリングです。
IMG_7864
ほしぞら工房のしばたさんに作って頂いたフィルターリングです。48mmφ用と52mmφ用があります。
これは48mmφ用。
これをK-ASTECのテーパーリングにねじ込みます。
IMG_7866
フィルターリングをねじ込んだところ。
次にフィルターを搭載します。
IMG_7867

次に光路長を合わせた調整リングを取り付けます。
IMG_7871
この状態で、ML16000(29050)+カスタムCFW1-5の光路長とピッタリ合っています。
後は上記カメラ用のオフアキリングとオフアキプリズムを取り付けて望遠鏡に接続すれば完成です。IMG_7875
IMG_7877
IMG_7878
望遠鏡と接続した状態。これで従来のオフアキシステムを残しながらデュアルバンドフィルターで撮影出来るようになりました。

このシステムは、GS300RCだけでなく、手持ちの望遠鏡、ASA10N、R200SS、VC200L、ε-160ED、ε-130Dで撮影可能です。

備忘録のためにこのカメラと各種望遠鏡の接続図を上げておきます。(忘れてしまいそうで怖いです)
ASI2600MCPro接続図.001
GS300RC+TSRCFlat3の場合です。

ASI2600MCPro接続図.002
ASA10Nの場合です。

ASI2600MCPro接続図.003
R200SS+コレクターPHの場合です。

ASI2600MCPro接続図.004
R200SS+エクステンダーPHの場合です。ASI2600MCPro接続図.005
VC200L+レデューサーHDの場合です。
VC200L直焦点の場合は、レデューサーHDの代わりにVC延長チューブを取り付けます。

ASI2600MCPro接続図.006
最後にイプシロン望遠鏡の場合です。
ε-160EDもε-130Dも接続リング径やバックフォーカス値は同じなのでこの組合わせでどちらでも使えます。


忘れないようにしないと....