毎年恒例の『〇〇年を振り返って』の機材編です。
今年は望遠鏡の追加・更新はありませんでした。 すでに11台を抱えこれ以上は増やせない状況です。(笑)。

それでもいくつかのアイテムをゲットしました。
今年ゲットした機材、ソフト等を紹介します。

1) OCAL Electronic Collimator Pro
IMG_6104
IMG_6134
PC画面を見ながら光軸調整が出来るツールです。
接眼部の中心が出せるようセンサーの中心を動かせるのが肝です。
接眼部を除かなくても良いので視差もなく凄く光軸調整が楽に出来ました。

2) アストロドン5nmSⅡフィルター
IMG_6155
 2年越しでようやく見つけたSⅡフィルター 50mm枠なしです。
よく調べてみると、最初にゲットしたHα、OⅢを購入した時のかたわれでした(前所有者が同じ) 。2年ぶりに3枚揃ったことになります。


3)FLI ML29050(冷却白黒CCDカメラ)
 IMG_3131
ASA10Nに接続したML29050

8月に友人から譲って頂きました。フィルターホイール(CFW1-5)付きで格安だったので即決しました。
正直言うと今更冷却CCDカメラってどうよと思いましたが、円安が進行し本命のASI6200MMProの購入が遠のいてしまい、もう少し解像度が欲しいと思っていたので、これで2-3年持つかなと考えました。またツイン鏡筒化したときに、もう一方が6Dだったのでこれで双方冷却白黒CCDで撮影出来ます。(ε-160EDにはML29050のL画像、ε-130DにはML16000のRGB画像)それに、ML16000とフランジバックが同じなのでリング類がそのまま使えるのも決め手となりました。

ML16000と形は全く同じなので外からは全然分かりません。カメラ名書いておかないと....(^_^;)

4)ASI2600MCPro
IMG_7220
IMG_7263

ひょんな事から友人から連絡があり、ASI2600MCProを譲って頂きました。
ML29050を購入してから1ヶ月も経っていなかったので正直購入するつもりはなかったのですが、予想していた価格よりお値打ちだったこと、冷却CMOSカメラを持っていなかったので使ってみたかったこと、カラーカメラの可能性を探ってみたかったことです。
 彗星を撮るならカラーカメラと思っています。将来的にはフルサイズ冷却CMOSカメラを購入したいのですが、じっくり撮影出来るなら絶対的な質は白黒カメラです。カラーカメラと白黒カメラの両方を購入できれば何も考えなくても良いのですが、どちらか一方しか購入できません。彗星撮影が好きな私なので、カラーカメラに気持ちが傾きつつありました。でも今まで白黒冷却CCDを使ってきて白黒の良さも分かっています。
 今回このカラーカメラを提示されたとき、実際に使ってみて将来的にフルサイズ冷却CMOSカメラをカラーにするか白黒にするかを検討するためのテスト機としても良いなと思いました。
 カメラを新調すると、望遠鏡に接続するためのリング類が必要となりますが、以前ε-160EDを購入した際、ML8300と同光路長となるCFW1-5接続リングを購入していたので、このあたりは追加費用は掛からないということも購入を後押ししました。

1ヶ月の間に2台もカメラを購入することになるとは2ヶ月前には思いもしませんでした.....そう言えば、ε-160EDもGS300RCもそうだったなあ(^_^;)

5)Optolong L-Ultimateフィルター
IMG_7529
L-eXtremeフィルターを購入して、デュアルナローバンドとしてある程度満足していましたが、輝星のハロが盛大にでるフィルターでした。
ハロを改善した『2』が出ないかなとアンテナを張っていましたが、今年9月にさらに狭帯域な3nmのL-Ultimateフィルターが発売となりました。発売記念で10%引きだったので思い切って購入しました。
GS300RCにてL-eXtremeフィルターと比べた結果は、星雲のコントラストが良くなりました。
ハロについてはF8と暗い光学系の場合、
L-eXtremeフィルターでも目立つようなハロはありません。イプシロンのような明るい光学系の方が出やすいのかもしれません。来年はイプシロンで検証してみます。

6)タカハシ・センタリングスコープ
IMG_7834
GS300RCの光軸調整用に購入しました。
以前はタカハシの光軸調整治具を使っていましたが、焦点距離が長いためセンター位置が小さくしかみえませんでした。
コノスコープはレンズが入っていて拡大して見ることが出来ます。
以前から欲しかったのですが、今回値上げと知り値上げ前に購入することにしました。
IMG_7837

7)ASI2600MCPro+K-ASTEC CFW1-5接続テーパーリング用のフィルターリング。
IMG_7867
IMG_7875
ほしぞら工房さんに依頼して、ASI2600MCPro+K-ASTEC製CFW1-5接続リング+ほしぞら工房オフアキしスリング(ML16000用)に合わせた48mmφと52mmφの枠付きフィルターが搭載できるフィルターリングを作って頂きました。
これでL-Ultimateフィルター等がASI2600MCPro(ASI6200MCPro)で使用可能となります。
まだ撮影していませんが、来年テスト撮影してみようと思います。


おまけ
ソフトウエア編

1)RC-Astro社 NoiseXTerminator
ノイズ低減ソフト比較.001
新しくノイズ低減ソフトのNoiseXTerminatorが発売となり、今まで使用していたDenoiseAIと比べて自然な感じを残しながらノイズ低減してくれるので試用期間終了を待たずに購入しました。
得意不得意もありますが、結構良い感じにノイズ低減してくれます。

2)GraXpert
GraXpertスライド.018

GraXpertスライド.019
PixInsightのDBEのようなカブリソフトですが、すでにPI持っている人にはそれほど効果自体は変わらないのでGETする意味は少ないかもしれません。それでも無料なので、色々選択肢が増えるのは良いかなと思いインストールしています。
PIを持っていない人は良いと思います。

3)N.I.N.A.
ASI2600MCProを手に入れて、撮像ソフトをどうにかしなければならなくなりました。冷却CCDカメラで使っていたMaximDLはバージョンが6.16と古く、新しいカメラに対応していません。
このソフトなかなか良いのですが、2年に1回バージョンアップのために数万円支払わなければならなくて、バージョンアップをしないでいました。
そこで以前から星の友人からお勧めされていた無料の撮影ソフトの『N.I.N.A.』を導入することにしました。
IMG_7851
N.I.N.A.の撮像画面。
PHD2との連携も出来、オートフォーカスもプレートソルビングも簡単にできます。
今までチマチマ構図を合わせていたのがバカみたいに楽になりました。

4)BlurXTerminator
スクリーンショット 2022-12-20 19.52.27
AIを使ってDeconvolutionのような効果を与えるソフトです。
ノイズも少なく星も小さくなり、効果はかなり期待できます。
試用せず、速攻で購入しました。

今年は節約の年となりました。
来年の抱負は.....年が明けたら『今年の抱負』でお話ししたいと思います(たいした話ではありませんが....)
それでは、引き続いて『2022年を振り返って(写真編)』へどうぞ。