ASA10Nを購入して1ヶ月半。中々晴れない日が続いていましたが、テスト撮影でとんでもないことが。ASA10Nに付属の電動フォーカサー(OK3)が2回目の運用で故障。繰り出しボタンを押してもドローチューブが出たり入ったりを繰り返してピントが合わせられません。その上モーターの音が滑っているような変な音。思い返してみると、異音は最初からでした。
 どう調整しても直らず。現在売り手の人とPAYPALと補償の交渉中。ASAにメールして修理代の見積もりを取ったら すでに生産中止で修理も不可能とのこと。現行のAAF3というフォーカサーを買えと。 見積もりを取ると....2000ユーロ!あーあ。とんでもない額。補償が上手く受けられると良いのですが....。
 
 こんな状態なのでいつまで経っても撮影出来ないでいましたが、8月26日(月)久しぶりに晴れたので フォーカサーのネジを緩めて手で合わせて撮ることにしました。 なので厳密にピント合わせが出来ない状態での撮影です。(これらの写真もやはりピントがイマイチなうえ光軸が合っていません(>_<)
NGC7000
北アメリカ星雲
2019年8月26日(月)20時30分~自宅観測所
望遠鏡:ASA10N+ビクセンExtenderPH(1330mmF5.3)+ほしぞら工房社製オフアキリング
カメラ:Seo-Cooled6D(SEO-SP4C)+HEUIB-Ⅱフィルタ
露光:5秒×20枚+300秒×16枚

M31自宅ASA10N4完成
アンドロメダ銀河
2019年8月26日(月)22時40分~自宅観測所
望遠鏡:ASA10N+ビクセンExtenderPH(1330mmF5.3)+ほしぞら工房社製オフアキリング
カメラ:Seo-Cooled6D(SEO-SP4C)+HEUIB-Ⅱフィルタ、Optolong12nmHαフィルタ
赤道儀:AXD赤道儀、SX-LodeStarにてオフアキシスガイド
露光:5秒×20枚+300秒×24枚+Hα900秒×2枚(RGB分解してRチャンネルにHαを加算)


輝星にヒゲが目立ちます。光軸がずれているせいなのか、主鏡圧迫、もしくは主鏡押さえ金具の影響か...どちらにせよ一度分解してみます。


PS 北アメリカ赤一辺倒だったので修正してみました。
NGC7000完成3