来年の話で恐縮ですが、2024年10月に0等台まで明るくなると予報された新彗星C/2023 A3(Tsuchinshan-ATLAS) が発見されました。
スクリーンショット 2023-03-04 19.33.54
スクリーンショット 2023-03-04 19.34.39

 スクリーンショット 2023-03-04 19.32.49
3/4本日の位置はこちら。まだ土星と木星軌道の間にいて、17.8等とのこと。核が大きく近日点(2024年9月28日)距離が0.4AU弱であることから、崩壊しなければかなり明るくなると考えられます。
残念なことに、近日点付近の彗星の位置は南半球側にいて北半球からは見ることが出来ません。

スクリーンショット 2023-03-04 19.30.16
近日点時の彗星の位置

そして近地点(2024年10月13日)時の位置は....
スクリーンショット 2023-03-04 19.31.28
地球と太陽を重ねて、彗星との離角が分かるようにしました。
近地点通過頃、太陽と地球の間を彗星が北上するように通るため、太陽との見かけ上の離角は少ないままです。
 ただ、太陽と地球の間を通過するとき前方散乱によって予報光度を上回る-5等になる可能性があると言われています。さらに残念なことにその頃上弦過ぎの月が。それに打ち勝つだけの明るさになってくれると良いのですが。
 この後暗くなっていきますが、どんどん高度が上がるので見やすくなります。22日頃には月が昇る前の18時30分頃闇夜で撮影が出来ます。
スクリーンショット 2023-03-04 20.16.41
2024年10月22日(火曜日)18時30分頃の西の空
暗くなったと言ってもまだ2.6等星の明るさです。

ステラナビゲータ11にて。
22日〜27日(3.7等)位がシャッターチャンスかなと思います。


ちなみに近日点通過直後の9月末は明け方で見ることが出来ますが超低空です。
スクリーンショット 2023-03-04 20.54.08
2024年9月30日4時00分の東の空
彗星の明るさは0.6等ですが光度が2-3度しかありません。それに薄明開始20分後でこの高度ですので厳しいですね。
近日点直後なので地平線低くまで開けた場所で透明度が良ければ、雄大な尾が見られるかもしれませんね。


まだ1年半以上先の事なのですが、久しぶりの本当の意味での肉眼彗星。前回のネオワイズのような梅雨時ではなく10月の天気の安定した透明度の良い時期なので楽しみに待ちたいと思います。

2023年5月18日追記
最大光度の1年半前(2023年5月17日)の姿です。
C2023A3_2023_5_17_ms_as_ht_ABEps yajirusicrop
C2023A3
撮影日時:2023年5月17日21時52分〜
撮影場所:岐阜県土岐市自宅観測所
望遠鏡:ASA10N(950mm F3.8)
コレクター:ビクセンExtenderPH(1330mm F5.3)
カメラ:ASI2600MCPro -10℃ Gain100、Offset50
赤道儀:AXD赤道儀
ガイド:SX-Superstar+PHD2+N.I.N.A.にてオフアキシスガイド
露光:5分×8枚 40分
処理:PixInsightにてWBPP。CometAlignmentにて彗星核基準アライメント。rejectなしでインテグレーション。ABE、MS、AS、HT。PsCCにてローカルコントラスト調整、ノイズ処理。

微かに緑色のコマがあるようにも見えますが、まだまだ小さく暗いです(この時点で16.9等)