前回アップしたライオン星雲(Sh2ー132)ですが、本命のASA10Nで追加撮影出来、ようやく完成しました。折角撮影したので、ED70SSも追加撮影したので合わせてアップします。
Sh2ー132やり直し完成2 のコピー
ライオン星雲(Sh2ー132)ASA10N 
撮影日時:2023年09月24日20時26分〜、他10月2日、5日
撮影場所:岐阜県土岐市駄知町 自宅観測所
望遠鏡:ASA10N(950mmF3.8)ニュートン反射
コレクター:ASA 3" Wynne Corrector(900mm F3.6)
フォーカサー:ASA AAF3 AUTO FOCUSER
カメラ:FLI ML29050 -25℃
フィルター:Astrodon Gen-2 Tru-Blance I-Series LRG Filters、BlueフィルターはE−Series、Astrodon 5nm Ha, O3 Filters.
赤道儀:Vixen AXD
ガイド:SX-Superstar+N.I.N.A.+PHD2にてオフアキシスガイド
露光:L10分×12枚、R5分×10枚、G5分×8枚、B5分×25枚、Hα10分×16枚、OⅢ10分×34枚
合計露光時間:13時間55分
スカイフラット撮影:①2023年9月25日19時25分〜、②10月7日18時40分〜
①LRG各2分×20枚、Hα3分×32枚、
②B2分×32枚、OⅢ3分×32枚
          
処理:PixInsightにてキャリブレーション。ABE、CC、AS、MS、HT、BXT、NN、MF、GHS等
   PsCCにてカブリ補正、コントラスト調整、ノイズ除去(NXT)
初日にHαLRGを撮影後スケアリングがズレていることに気づき,OⅢとブルーチャンネルは合わせ直して撮影したのですが、やはりダメですね。フィルターホイール3つを色々組み合わせて撮影しているのでスケアリングを交換毎に合わせ直す必要があります(>_<) 望遠鏡とカメラの組み合わせが多すぎるのも問題ですね。

もう一つ問題点。
最初I-Seriesのアストロドンフィルターで撮影時青フィルターだけ曇られたので、別のフィルターホイールに搭載されているE−Seriesの青フィルターで追加撮影したところ、青だけフラットが合わず。違うフィルターだからかな?と仕方なく撮影したE−Seriesの青フィルターでフラット撮り直しました。
IシリーズとEシリーズの青フィルターは同じ特性のはずなので合うと思ったのですが...製造時期が異なるのか、フィルター縁の処理が異なっています(Iは黒枠があり、Eは黒枠がないタイプです)。

フィルターホイールが5枚搭載タイプはナロー撮影するなら不便ですね。
やっぱり7枚搭載出来るCFW2-7欲しいなあ。そうすれば、フィルターホイール交換しなくても済みますからね。誰か譲って下さい(_ _)



ED70SSとCooled6Dで撮影した同じくライオン星雲ですが、前回より枚数を追加したので処理し直しました。
Sh2ー132_ED70SS_L-Ultimate_HEUIB2 no2
ライオン星雲(Sh2ー132)ED70SS
撮影日時:2023年09月24日20時26分〜、他10月2日、5日
撮影場所:岐阜県土岐市駄知町 自宅観測所
望遠鏡:ED70SS(400mmF5.7) 屈折
コレクター:笠井ED屈折・RCマルチフラットナーⅡ(400mm F5.7)
フォーカサー:ビクセンデュアルスピードフォーカサー
カメラ:Seo-Cooled6D(SEO-SP4C) -10℃
フィルター:Optolong L-Ultimate、IDAS HEUIB2
赤道儀:Vixen AXD
ガイド:ASA10N+SX-Superstar+N.I.N.A.+PHD2にてオフアキシスガイド
露光:L-Ultimate 5分×109枚、HEUIBⅡ 2分×123枚
合計露光時間:13時間11分
処理:PixInsightにてキャリブレーション。ABE、CC、AS、MS、HT、BXT、NN、MF、GHS等
   PsCCにてカブリ補正、コントラスト調整、ノイズ除去(NXT)

スケアリング調整はやはりしっかり最初にやっておかないとダメですね。
来年撮り直しします。