10月中旬の新月期に狙ったのは、超淡い惑星状星雲のAbell85でした。
ナローフィルターを中心に20時間露光を目指して撮影しました。
Abell85_ASA10Nの2  4000
Abell85
撮影日時:2023年10月10日21時18分〜 他、11、12、13、15、16、17、18日
撮影場所:岐阜県土岐市 自宅観測所
望遠鏡:Astro Systeme Austria ASA10N (950mm F3.8)
コレクター:ASA 3" Wynne Corrector (900mm F3.6)
カメラ:FLI ML29050 -25℃
フィルター:Astrodon Gen-2 Tru-Blance I-Series LRGB Filters、Astrodon 5nm Ha, O3 Filters.
露光:L:10分×36、Red:5分×15、Green:5分×15、Blue:5分×28、Hα:10分×52、O3:15分×42
総露光時間:30時間


いつも通り親子亀方式でED70SSでも撮影しました。

Abell85_ED70SS_Cooled6D_L-UltimateNo3 のコピー
Abell85
撮影日時:2023年10月10日21時18分〜 他、11、12、13、15、16、17、18日
撮影場所:岐阜県土岐市 自宅観測所
望遠鏡:Vixen ED70SS  (400mm F5.7)
コレクター:笠井のED屈折・RCマルチフラットナーⅡ (400mm F5.7)
カメラ:Seo-cooled6D(SEO-SP4C)
フィルター:IDAS HEUIBⅡ、Optolong  L-Ultimateフィルター
露光:HEUIBⅡ:5分×51、L-Ultimate:10分×147
総露光時間:28時間45分

初の30時間超えの露光時間となりました。
結果は.....うーんって感じ。被りも酷く、修正していてもこれって本当に消して良いのかなって思いながら処理しました。
ナローの色あいもPixInsightのNarrowbandNormalizationでほぼ決めているのですが、調子がイマイチ掴めていません。もうちょっと勉強しないと。