新しい天体撮影用機材が到着しました。
 IMG_0717
ZWOの電動フォーカサーEAFと星見屋さんで発売されているビクセン接眼部に取り付けるためのステーです。VC200LだけフォーカサーがASCOMで制御できない手元で操作するタイプの汎用電動フォーカサーKHMを使っていましたが、冷却カメラでは重すぎて動かない不具合がありました。

 何か良い電動フォーカサーないかと探していた矢先、ZWOから2万円程度と安価でASCOM制御出来るフォーカサーが発表されました。しかし、VIXEN接眼部で取り付けられるのかが不明なため様子見していました。
 10月末に星見屋さんのホームページを訪れた際、目にとまったのが『ZWOEAFVIXEN接眼部用スペーサー』でした。1000円程度と安価です。これとZWOのEAFを購入すればビクセン鏡筒で安価にASCOM制御可能な電動フォーカスが可能となります。
 万を侍してようやく購入となり先日到着しました。2万円強でASCOM電動化できるので非常にありがたいです。

もう一つはガイドカメラです。
IMG_0756
Star Light ExpressのSuperStar(K-ASTECコネクター改造品)です。
ヤフオクで3万円強で落札しました。
IMG_0760
同じ会社のSX-LodeStar(同じくコネクター改造品)も持っていますので、これで2台同時運用が可能となりました。遠征でASA10N+AXDとε-130D+SXPの2台運用を考えています。
このSuperStar外観も新品同様で、撮影してみるとノイズも少なく良い買い物をしました。
IMG_0758

匿名での販売(最近ヤフオクはこのスタイル)なのでどなたか分かりませんが、売ってくれた方ありがとうございます。


2019年11月18日追記
ZWO EAF 取り付けてみました。
取り付け方法はこちら


IMG_0891
ドライバーは自動でインストールされました。ファームウエアアップデートファイルとASCOMドライバーをZWOのホームページからダウンロードして、セットアップ。MaximDLで動作OKです。
動きもスムーズで重いFLIカメラもすいすい動きます。安いですがいい買い物しました。

StarLightExpressのSuperStar Guideカメラは、ガイドケーブルの極性が自分の赤道儀とは異なっていた(LodeStarも同じ)ためAmazonで極性変換器買いました。
IMG_0897
動作OKです。(ASCOMでやるなら関係ないですけどね...)