R200SSやVISAC、εー130DにはサンワサプライA3LEDトレース台をフラット光源として使ってきました。
トレース台は数あるのですが、これは四隅にLEDが100個以上配列された優れもので、ムラがほとんどありません。3ー4年使ってきたのですが、先日ついに故障してしまいました。
 ASA10Nは25cm反射なのでA3のトレース台ではギリギリの大きさ。今までだましながらこのトレース台を使ってきましたが、故障を機に口径25cm反射鏡(フード径35cm)にも対応できる大きなフラット板を購入することにしました。
候補としては以下の3点

1)LEDフラットジェネレータ372mm 無段階光量調整付 48,888円(税込)
2) Flat Box 550mm Artesky 550mm無段階光量調整付    63,000円(税込)
3)サンワサプライA2LEDトレース台無段階光量調整付 19,980円(税込)


1)と2)は専用品だけあって作りもしっかりしていますし、光ムラもなさそうです。ただ高い!
2)は40cmにも対応できるので将来の望遠鏡にも使えそうです(買えんし)
3)は汎用品なので最も廉価ですが、光ムラがどうなのか心配。それに全面発光するので、余分な部分を覆う必要があります。 

結局値段には勝てませんでした。今まで使用していたサンワサプライのA3トレース台が良かったのもあって、同じメーカー製なら信頼できそうだったのも理由の一つです。

....到着しました。
IMG_1434

さすがA2、大きいです。結構重いし薄いので、取り扱いが心配です。本来の使い方としてトレース台なのでそれほど移動させたりしないのですが、これをフラット板として使用するとなると立てたりひっくり返して望遠鏡のフードに乗せたりと酷使に近い使い方をしなければなりません。前回のA3フラット板もそれが原因で故障したと思います。電源プラグのメス側(フラット板側)が割れてしまい点かなくなってしまいました。
 今回は、周囲の光漏れをなくすシェードとしても使えるので、 
購入した箱をフードの直径に合わせてくり抜いてトレース台を箱から出さずに使う様に工作しました。これで余分な光を遮ることが出来るだけでなく、薄いトレース台に余分な力が入らないので故障も少なくなると思います。

このトレース台は無段階光量調整機構が備わっていますが、試して見ると1秒露光でフラット板を最小光量としても露光オーバー。(カウント値36000)減光させなきゃ。

本日ホームセンターへ行き、半透明のアクリル600mm×910mmを購入(2000円位)。
IMG_1572
これをフード径に合う様に3つにカットし、円形にくり抜いたトレース台の箱の裏に拡散板とともに3枚貼り付けました。
IMG_1563
IMG_1564
IMG_1565
IMG_1566
IMG_1573
IMG_1568
IMG_1575
IMG_1576
フラット板をフードの上に載せてフラット撮影してみました。
スクリーンショット 2020-02-02 19.52.08

カウント値が15000〜20000位に収まるようになりました。なんとかなりそうです。
光量ムラが心配なので、20枚づつ90°回転させて合計80枚撮影しました。

上手くフラット補正が出来るかテストしてみました。
スクリーンショット 2020-02-02 22.17.17
ダーク、フラット前
スクリーンショット 2020-02-02 22.18.34
ダーク、フラット後

おお、しっかり補正されています。
なんとか使えそうです。安上がりで良かった。