5月28日に撮影してからもう2週間以上経ってしまいました。今回は試用版のPixinsightを使って処理をした事、ペリカン星雲撮影時に外部からの光が入ってしまってその処理に時間が掛かった(というよりほったらかしにしていた)事が遅くなってしまった原因です。

 PixInsightは、使い方が分からず前回のブログのとおりかなり苦労しました。でもフラットが今までにないくらいピタッと合ったのは爽快でした。これだけでも採用したいです。他にも被り補正なども優れています。まだまだ使い切れていないのでこれから順番に自分のものにしていきたいと思います。
 ある程度処理してからはいつものPsに持ち込みました。

北アメリカ星雲+ペリカン星雲完成2000の2

北アメリカ星雲とペリカン星雲(左右モザイク)
2020年5月28日 23時50分〜 自宅観測所
ASA10N+3インチWynne Corrector+CFW1-5+ML16000 -25℃
AXD赤道儀、6cmF4ガイド鏡、SX-LodeStar、PHD2にてガイド
北アメリカ星雲側:L5分×6枚、R5分×4枚、G5分×3枚、B5分×3枚 (80分)
ペリカン星雲側:L5分×6枚、R5分×3枚、G5分×3枚、B5分×3枚 (70分)
PixInsightにてダーク、フラット補正、コスメティックコレクション、コンポジット、被り補正等
PSにてモザイク合成、被り補正、色補正、ノイズ処理。
Topaz Denoize AI にてノイズ処理。


向かって右側のペリカン星雲では、とんでもないくらい明るいスパイクノイズ(LEDの光っぽい)が斜めに入ってしまいました。これはよくよく見返してみると、12月に撮った写真にも写っています。
接続部からだと思われますが、遮光する工夫をしないと...。

タカsiさんへ。
ペリカン星雲に現れた迷光はこちらです。
スクリーンショット 2020-06-13 6.08.39

この迷光は取り切れませんでした。梅雨明けしたら撮り直しです。


コメント頂いたタカsiさんの言われたとおり、このスパイクノイズはデネブからの迷光でした。
6/29久しぶりに晴れたのでペリカン部分を撮り直そうと望遠鏡を向けて撮影すると、全く同じ位置に何本もの光条が。迷光対策としてカメラ接続部や考えられる所全てにマスクを行う対策後でも全く同じ形状です。下の写真はデネブからペリカンの足の部分までモザイク合成したものです。光条の先にはデネブがあります。
どうしてこんな光条が出てしまうのか.....対策はどうしたら良いでしょう.....。
DENEBU NO1_stitch