ほしぞら工房の柴田さんに作っていただいたR200SSに使っているコマコレクター(MPCC Mark3)のM60ネジアダプターが、どうもマウント部にガタがあり、少しカメラに力を入れるとカタカタ動いてしまいます。これでは、スケアリングに影響を及ぼす懸念があり、実際撮影してみるとランダムに画像周辺がボケたりしていました。
しばたさんに相談すると、シムアダプターを送って頂きました。
0.1mm厚と0.05mm厚の2枚です。結局0.1mm1枚で大丈夫でした。
5f4b4742.jpg

関市やん。学生時代にいた町でした。
144f9423.jpg

ポンチで穴を開けました。
f993f616.jpg

8038a3d2.jpg

うん、しっかりしました。これなら大丈夫そうです。

そして自宅で撮影したM33です。
この日はあまり透明度が良くなく、4等星が見えるかどうかって感じの空。こんな空で写るのかなあと思いながらシャッターを押しました。
a0eb2fca.jpg


M33
撮影データ
2013年11月26日 20:00~ 10分露出×11枚(12枚目で月が出てきた!)
R200SS+EOS5D Mark2(SEO-SP3)+LPS-P2フィルタ+MPCC mark3
SXP赤道儀、ED70SS+BORG1.4倍テレコン+イメージシフト+TGV-Mカメラにてビデオガイド。

RAP2にてダーク減算、フラット補正後PsCCにて現像、ステライメージ7にてコンポジット合成、色補正、デジタル現像、PsCCにてコントラスト強調、フラット補正、ノイズ処理、シャドウ・ハイライト処理など。
周辺像はやや改善したような気がします。少なくともスケアリングボケはなくなりました。(^_^)
バックグラウンドが明るかったせいでコントラストが悪く、周辺の淡いところが出せませんでした。
まあ自宅なので仕方ないかな。枚数を増やさないと駄目なのと、最初の1枚目から枚数を重ねるたびにどんどんバックが暗くなってきているので、遅い時間(0時過ぎ)ならまだいけるかも。