12月18日にアストロアーツからステラナビゲータ9用の望遠鏡無線制御パックが発売になりました。

http://www.astroarts.co.jp/news/2013/12/18sn_wireless/index-j.shtml

これに無線LANで接続できるEOS utilityが使えるWFTシリーズやEOS6Dを加えれば、暖かいこたつの中で望遠鏡の制御、撮影が可能になります。

でもよく読んでみるとビクセン製品は入っていません....RS-232Cで接続するタイプのようで、スターブックテンのようにLAN接続のタイプはサポートしていないようです。

RS-232C接続なら、スカイセンサー2000PCならいけるような気がしますが。 今後サポートされる赤道儀が増えてくれると良いですね。

話は変わりますが、
いまだ赤道儀をどうするか決めかねています。(決断力がない自分が情けない....)
思い切ってAXDにするか、現状のSXPを設置して、遠征の時は外して持ち出すか....

3月1日にスライドルーフの設置が決まり、AXDの納期はどうも2-3ヶ月掛かるようなので、間に合わせるなら年内に発注をかける必要があります。

だれか背中を押すか引くかして下さい (^_^)v