7月14日よりVC200L用のASコーティングを施した新しいレデューサーが発売になります。

image
image
image
image

従来品であるVCレデューサー2と比較したスポットダイアグラムも掲載されていました。残念ながらイメージサークルが36mmφで周辺光量60%しかなくフルサイズ対応していません。しかし、イメージサークルΦ44mm※で最周辺光量47%ながら中心部とそん色ない鋭い星像が得られますとあり、たしかにスポットダイアグラムではレデューサー2VC200Lと比べれば星像は小さく収まっています。
VC200Lの直焦点は、価格を勘案すれば素晴らしい性能ですが、いかんせんF値が9と暗いのがネック。 一応レデューサー(2ではない)も持っていますが、星像が悪くほとんど使っていませんでした。
 この新しいレデューサーなら以前のものより星像が良く直焦点より明るい(F6.9)のでAPS-Cサイズにリサイズを前提にするか、冷却CCDカメラ(ML8300)での撮影で使えるかも知れないなあ。35000円か。どうしようかな....1300mmの焦点距離の望遠鏡持っていないしなあ。