月が大きくなりましたが、薄明開始までの1時間弱闇夜がありましたので、クリスマス星団付近に近づいたジャコビニ・チンナー彗星(21P)を撮影しました。
img_0-2

ジャコビニ・チンナー彗星(21P)とクリスマス星団付近
2018年9月23日 3時47分~ 自宅観測所
ε-130D+Seo-Cooled6Ⅾ(SEO-SP4C)+HEUIB-Ⅱ ー11℃
AXD赤道儀+5㎝F4ガイド鏡+ASI290MMにて恒星ガイド
左半分:2分×8枚
右半分:2分×11枚
左右モザイク合成

薄明の影響がでるぎりぎりまで撮影しました。薄明開始は4時14分でしたが、自宅からでは4時35分までは影響なく撮影できました。
44073003995_f319c2d3c2_o

2018年9月23日午後21時45分:処理し直しました。
やはりHEUIB-Ⅱフィルターは、特に赤い星雲がドキつくなってしまいます。ナチュラル感が失われてしまうのが欠点ですね。彗星じゃない撮影なら、UIBAR-Ⅲも撮影して混ぜるのですが....遠征出来ないときは仕方ないかな...