R200SSの焦点距離を1.4倍する新しいエクステンダー『エクステンダーPH』が届いて初めての撮影を行いました。
 以前しばたさんに作っていただいたR200SS+コレクターPH+60DX用のオフアキリングに取り付けての撮影です。このオフアキリングはワイドアダプター60DXの内側のリングに取り付けるコレクターPHの後面(カメラ側)の距離が一致するよう作られています。
0cdd1008.jpg



補正レンズ枠後面からEOSマウント部までの距離をけいそくしてみると...
14cd7cfe.jpg

1b239993.jpg

ワイドアダプター60DXは17.85mm。


次にオフアキシスリングを計測。
4a745227.jpg

41a18b3d.jpg

オフアキリングの補正レンズ枠後面~マウント部までの距離は17.84mm。
ワイドアダプター60DXが17.85mm、オフアキリングが17.84mmでほぼ同じです。

そして撮影した画像がこちら
566a03c4.jpg


フルサイズ右上最周辺の拡大画像はこちら
9f738c52.jpg

あれれ。放射状に流れています。
左側はそれほどではないのでスケアリングがズレているのか....
しかしピントを前後させても周辺星像は変化しません。

エクステンダーPHが不良品なのか?
ビクセン純正のワイドアダプター60DXに付け替えて撮影してみました。
efa07f01.jpg

ピントが合わない....かなりの前ピンでした。
ピントノブを後ろに動かし合わせ直してみるとビクセン純正のワイドアダプター60DXに付けて撮影した画像は周辺まで綺麗な星像でした。

 ワイドアダプター60DXとオフアキリングとの補正レンズからのバックフォーカスは一致しているのですが、なぜオフアキリングの場合ピント位置が前ピンになっているのでしょうか。
66c32343.jpg

左がオフアキリング、右がワイドアダプターリング。オフアキリングの方がすこし厚いです。

d386766d.jpg

4ba36da1.jpg

上がオフアキリング、下がワイドアダプター60DXの厚みです。

調べてみると2.12mmオフアキリングの方が厚いです。この厚みの違いによってピント位置が異なるようです。


周辺星像悪化の原因としては....
1)オフアキリングのスケアリングがズレている?
2)ピント位置が異なることが問題?

1)オフアキリングのスケアリング検証
このオフアキリングにR200SS用のコレクターPHを付けてテストしてみました。
8b2ae5bc.jpg


c442d6d8.jpg

上がオフアキリングにコレクターPHを付けて撮影した画像
下がワイドアダプター60DXにコレクターPHを付けて撮影した画像

ピント位置は上記のエクステンダーPHの時と同じくかなりズレていましたが、それぞれピントを合わせて撮影すると、スケアリングにも周辺星像にも問題ありません。
と言うことは、オフアキリングのスケアリングに問題はなく、またコレクターPHはピント位置が異なっても問題ないと言うことになります。
 
2)ピント位置を変化させてみる
ピント位置を後ろにすると言うことは、リングを2mmほど薄くする必要がありますが、オフアキリングの厚みを薄くすることは出来ないので、ためしにエクステンダーPHの位置を変化させてみました。
方法としてはオフアキリングにねじ込むエクステンダーPHのネジ込みを最後までねじ込まず、2mmほど緩くねじ込んでみました。
すると....708fb57e.jpg


エクステンダーPHのネジ込みを緩く(2mm程度)した右上画像

ピント位置がかなり後ろに下がり、周辺星像もかなり改善しています。緩めて取り付けてあるので星像は丸くなっていませんが、しっかり締めて撮影したものよりかなり改善が見られます。
ネジ込みを2mmほど浅くするリングを付けて撮影するか、エクステンダーPH用にオフアキリングを作り直すかです。
 ただ、この2mmの厚みはオフアキスリーブの穴開けに必要な厚みだったと記憶していますので、2mm薄くして作り直すのは厳しそうです。(しばたさんに相談できないし...)


そもそもバックフォーカスが同じなのにどうしてエクステンダーPHだけ星像が悪くなってしまうんだろう....

4月6日午後5時追伸
Amazonでゴム製のOリング(外径56mm内径52mm厚み2mm)を見つけたので注文するともう届きました。
c732314e.jpg

34da149a.jpg

はめてみるとぴったり。
ネジ込みしてみましたが、結構良い感じ。
晴れたらテスト撮影してみます。