オリオン座を縦断する直前のアトラス彗星C/2020M3です。この時の明るさは8.5等くらい。
最大でも8等星前後の明るさにしかならないので今がほぼ最大光度です。
 オリオン座を縦断するのですが、少し西にズレているのでオリオン大星雲や馬頭星雲とは少し離れています。同一視野に捉えようとすると、100mm前後となり、彗星は米粒くらいになってしまうので撮るのは諦めています。ただ、11月中旬以降エンゼルフィッシュ星雲の口元を縦断していく 様子は捉えたいと思っています。
アトラス彗星M3の2 2000
アトラス彗星C/2020M3
2020年10月27日01時11分〜自宅観測所
ASA10N+3インチWynne Corrector+ML16000 -30℃
Astrodon Gen-2 Tru-Balance E-Series LRGB filters 
AXD 赤道儀にて恒星をオフアキシスガイド。
L2分×5枚、RGB各3枚
PIにてWBPP後CC。Comet AlignmentとStar AlignmentしてそれぞれをIntegration。DBE、HT等のあと、Comet Alignment 合成画像をStarnetで星消し。Psにてマスク合成、その他調整。

残念ながらピンボケ。透明バーティノフマスクでしっかり合わせたつもりだったけどなあ。
0時30分に目覚ましで起きてから観測所の屋根を開けて撮影までに40分。もっと早めに温度順応させないと駄目かな....。単にピント合わせが甘いだけかもしれませんが。

...ん?言わなければピンボケ分からなかったかな....(笑)