13日の金曜日の遠征の最後は今増光中のエラスムス彗星(C/2020S3)を撮影しました。
東の空に20°の山があり、薄明開始直前の4時40分くらいからようやく見えてきて、急いで撮影。
薄明の影響が現れるまで撮影しましたが、8枚が限度でした。
エラスムス彗星20201114Psの3-denoise4
エラスムス彗星C/2020S3
2020年11月14日04時48分〜 長野県阿智村
望遠鏡:ASA10N 25cmF3.8
コレクター:Vixen Extender PH (1330mmF5.3) 
カメラ:SEO-Cooled6D(SEO-SP4C) -22℃
フィルタ:IDAS HEUIB-2
露光:2分×8枚、ISO3200 恒星時追尾4枚、彗星追尾4枚
PixInsightにてマニュアルキャリブレーション、StarAlignmentとCometAlignmentしてIntegration後HT。
PsCCにて彗星核をCometAlignment画像でマスク置換。
コントラスト強調、ノイズ処理など。

 尾が写っていますね。
これから明るくなりますが、どんどん低くなるので撮影はこれが最初で最後になりそうです。