今年の初撮影は、クラゲ星雲としました。1月10日頃3年ぶりにぎっくり腰をやってしまい、鏡筒の載せ替えが出来ません(>_<)。 本来なら、GS300RCで遠銀河を撮りたかったのですが、結局光軸も合わせられない(鏡筒を持ち上げられない)ため観測所の中で転がったままです。
 現在赤道儀に載っているASA10Nで撮影することにしました。クラゲ星雲にするか、モンキー星雲にするか、M78星雲にするか悩みましたが、M78を撮るには時期的に厳しい(すでにオリオンの撮影好期は自宅からだと過ぎています)、モンキー星雲星雲を撮り始めたものの、今一面白みに欠けるなあと、途中で撮影やめて、クラゲ星雲を横2枚モザイクで撮ることにしました。
1月13日から晴れた日は連日撮影し、1月20日にようやく撮影完了。月も大きくなるし、この週末は天気悪そうなので、ここまでとして処理を始めました。
クラゲ最終5500
クラゲ星雲付近左右モザイク(RGB-AOO) 自宅観測所
右側:2021年1月13日21時18分〜、 14日21時42分〜、17日21時09分〜、19日20時05分〜、20日22時23分〜
左側:1月15日20時07分〜、19日21時41分〜
ASA10N+3インチWynne Corrector+ ほしぞら工房社製オフアキリング+カスタムCFW1-5+ML16000 -35℃ 
Astrodon Tru-Balance Gen-2 I-Series RGB Filter and Astrodon 5nm Ha, OⅢ Filter.
AXD赤道儀、SX-SuperStar、PHD2にてマルチスターオフアキシスガイド。
右側:R5分×11枚、G5分×13枚、B5分×13枚、Hα10分×23枚、OⅢ10分×17枚 全て1bin
左側;R5分×10枚、G5分×10枚、B5分×9枚、Hα10分×19枚、OⅢ10分×15枚   全て1bin
総露光時間 ; RGB330分+HαOⅢ740分=1070分(17.8時間)
PIのWBPPにてキャリブレーション、CC、StarAlignment、ImageIntegration後、それぞれDBE。
RGB合成後NBRGBCombinationにてRGB-AOO合成。EZ Star Reductionにて星を小さく。
PSCCにてモザイク合成後コントラスト調整、色補正、ノイズ除去。
DenoiseAIにてバックグランドのみノイズ除去。

久しぶりに何日にもわたって撮影しましたが、観測所ならではですね。
自宅の割にはまあまあ写ってくれました。PIのスクリプト処理のNBRGBCombination結構良いなとおもいました。

今回初めてPHDでマルチスターガイドやってみました。
効果はどうなのかな。
スクリーンショット 2021-01-19 21.37.40
まあまあでしょうか。

次回は腰が治ったらGS300RCでM104とか撮ってみたいです。