2021年4月1日、タカハシのHPにてイプシロンシリーズに対応した1.5倍エクステンダーが発売とアナウンスがありました。ε-160ED用のエクステンダーレンズの開発のアナウンスはありましたが、他のε-130Dやε-180ED用も開発されていたんですね。

スクリーンショット 2021-04-03 12.03.09

 イプシロンシリーズは超高性能の写真鏡として30年あまり前より存在していましたが、今回初めてのエクステンダーレンズとなります。 
 元々の画質が優れているため、下手なエクステンダーレンズは出せません。タカハシとしても万を侍しての発表・発売だったと想像します。
 とりあえずε-130D用とε-180ED用が先行販売され、この夏(2021年)にε-160EDが発売となるようです。

それではタカハシから発表となっているスポットダイアグラムを見てみましょう。
ε-160EDエクステンダー1.5チャート
ε-160EDはまだ詳細の発表はありません。ε-160EDのスポットダイアグラムは、昨年ε-160EDの発表の際示されたものです。

ε-130Dの中心は2ミクロン、フルサイズ最周辺で8ミクロン。
ε-180EDは中心2ミクロン、フルサイズ最周辺で5ミクロン。

このスポットダイアグラムから見ると、ε-160EDは相当良い像を結びそうです。

ちなみにエクステンダーレンズを付けない標準状態のスポットダイアグラムはこちら。
ε-160ED比較チャート

直焦点とほとんど変わらないですね。

問題は価格です。
どれも約10万円。タカハシはほとんど値引きがなく、消費税分引いてくれるかどうか。
超高性能なエクステンダーレンズなので相応の価格とは思いますが、どうしたものか....悩みますね。